HOME > 麻酔科(ペインクリニック) > 神経ブロックのおはなし コラム 診療概要 ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 禁煙外来について 帯状疱疹後神経痛の予防注射 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛) 神経ブロックのおはなし 神経ブロックは麻酔の一種で『最後にどうしようもなくてする治療』と誤解されていることがあります。神経ブロックはけっして最後にする治療法ではありません。むしろ痛みで苦しみはじめたころ、”急性期”に効果がある治療法です。急性期の痛みに比し痛みが何年もつづいた慢性の痛みに対しては、一般的に効果が低いといわれています。 神経ブロックの種類 神経ブロックには、特に検査も必要とせず簡単にできるものもあれば、血液検査や既往歴を考慮のうえおこなうもの、レントゲン下でおこなうおおがかりなものなどいろいろあります。薬は局所麻酔薬や炎症をおさえるステロイド薬などがつかわれます。 外来でおこなわれるブロック例 ■トリガーポイント 細い針を使い簡単におこなえるトリガーポイントというブロックは鍼治療と似たところがあります。痛みを除去するだけでなくその部位の血流を改善し、かたくなった筋肉をほぐします。ブロックをする場所は東洋医学の経穴(つぼ)によく一致します。ひどいかたこりや緊張型頭痛にしばしば応用されます。 ■星状神経節ブロック 星状神経節は頚部にある交感神経節でこの部位のブロックは、くび、頭、肩、腕の血流を増加させます。腕の痛み、片頭痛、多汗症、顔面痛、上肢の血行障害(レイノーなど)、顔や上肢の帯状疱疹による神経痛、顔面神経麻痺などに効果があります。 ■硬膜外ブロック 椎間板ヘルニアや脊柱間狭窄症など背骨を通る神経(脊髄神経や脊髄神経根、その枝など)にかかわる痛みに効果があります。
MAP/TEL 診療時間 ニュース クリニックについて 当院へのご質問やご相談 関連ホームページ スマートフォンサイト Twitter 婦人科・産科 コラム(婦人科) 診療概要(婦人科) 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン メール(深見和之院長宛) 麻酔科(ペインクリニック) コラム(麻酔科) 診療概要(麻酔科) ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 禁煙外来について 帯状疱疹後神経痛の予防注射について 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛について 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛)