HOME > 婦人科・産科 > 強い生理痛と過多月経 コラム 診療概要 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン メール(深見和之院長宛) 強い生理痛と過多月経 よく効く治療法として、 低用量ピル(商品名:ヤーズ)と子宮内黄体ホルモン放出システム(商品名:ミレーナ)があります。 いずれも、含有される黄体ホルモンの作用で、 子宮内膜がうすくなり、生理の量が減って、生理痛も軽くなります。 ヤーズは、飲み薬なので、手軽ですが、血栓症のリスクが少し上がるという副作用があります。 月に3割負担で3000円程度のご負担が必要です。 ミレーナは、子宮内に挿入する小さな器具で、これといった副作用はありませんが、 ミレーナが子宮内から脱落することがあります。(この場合、せっかくのお支払いが無になります。) ミレーナは1回の挿入に3割負担でおよそ1万円かかりますが、5年間入れっぱなしにできます。 いずれも、もともと避妊具として開発されたものですので、妊娠を希望されている方には使えません。 ヤーズの服用後、ミレーナの挿入後、妊娠を希望される場合は、ヤーズの服用を中止する、 ミレーナを抜去するということで、妊娠は可能になります。 ヤーズ、ミレーナの使用歴のために、妊娠しにくくなるということはありません。 ヤーズは未経産、経産にかかわらず使用可能ですが、ミレーナは経産婦の方に適しています。 場合によっては、未経産の方にもミレーナの使用は可能です。 両者ともよく効くのですが、ヤーズに比べて、 ミレーナの方が、いくぶん効果が高い印象があります。 もし鎮痛効果が足りなければ、鎮痛剤の併用も可能です。
MAP/TEL 診療時間 ニュース クリニックについて 当院へのご質問やご相談 関連ホームページ スマートフォンサイト Twitter 婦人科・産科 コラム(婦人科) 診療概要(婦人科) 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン メール(深見和之院長宛) 麻酔科(ペインクリニック) コラム(麻酔科) 診療概要(麻酔科) ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 禁煙外来について 帯状疱疹後神経痛の予防注射について 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛について 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛)