HOME > 麻酔科(ペインクリニック) > ペインクリニックとは コラム 診療概要 ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 禁煙外来について 帯状疱疹後神経痛の予防注射 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛) ペインクリニックとは 麻酔科は、手術のように大きな治療を受ける際に登場します。手術を受けるとき、体には大変なストレスがかかります。痛みや出血、臓器を触ることなど日常生活では決して受けることのない多大なストレスから体を守ることが麻酔科の仕事です。手術中、麻酔科は痛みをとることから、呼吸管理、血圧の安定や心臓の正常な働きを維持するなど全身管理をおこないます。こうした技術をもとに近年麻酔科は手術室の外での痛みの治療をしています。 ペインクリニックはおもに薬物療法、神経ブロックを併用して痛みを治療する部門です。痛みで苦しむ人の中には、手術や内科的治療のみでは痛みがとれない、または異常が見つからないのに苦しむ患者さんがいます。日常よく経験するものでは頭痛、かたこり、50肩、腰痛、首や手、足の痛みなどです。これらの痛みのなかにはペインクリニックの保存的治療で良くなるものがかなりあります。骨や軟骨の老化による痛み、手術や事故後傷が治ったのに痛い人、顔面神経麻痺や帯状疱疹による激痛なども薬物療法と神経ブロックの対象となります。ペインクリニックの治療でよく使われる神経ブロックは、おもに局所麻酔薬を使い、血流を改善したり硬くなった筋肉をやわらげたりするために行なう注射です。局所麻酔自体は数時間程度で分解されてしまいますが、効果は数日から1週間以上続き、何度か繰り返すうちに症状が軽くなったり、ブロックをきっかけに痛みが消えてしまったりします。ブロックの種類は数多くありレントゲン透視下で行なわれる大掛かりなものもありますが、外来では一般的に局所注射、星状神経ブロック、硬膜外ブロックがよくおこなわれます。注射の針は非常に細いものを使いますので考えるほどは痛くなく、その後痛みが軽くなるので痛みのひどい人はむしろ気持ち良く感じられます。これに加えて薬物治療もおこないます。ペインクリニックは公立病院でも開設しているところは少ないですが、痛みで悩まされてどこに相談してよいか分からないときは、ペインクリニックをみつけて相談してみるとよいでしょう。
MAP/TEL 診療時間 ニュース クリニックについて 当院へのご質問やご相談 関連ホームページ スマートフォンサイト Twitter 婦人科・産科 コラム(婦人科) 診療概要(婦人科) 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン メール(深見和之院長宛) 麻酔科(ペインクリニック) コラム(麻酔科) 診療概要(麻酔科) ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 禁煙外来について 帯状疱疹後神経痛の予防注射について 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛について 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛)