HOME > 麻酔科(ペインクリニック) > コラム コラム 診療概要 ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 禁煙外来について 帯状疱疹後神経痛の予防注射 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛) コラム 「帯状疱疹の痛み」 「頚椎症:後頭部、肩、腕、肩甲骨周辺の痛みとしびれ」 帯状疱疹はそもそも子供の頃にかかった‘みずぼうそう 水痘’です。神経に潜んでいた水疱瘡のウイルスが、体調不良や抵抗力の低下をきっかけに神経の走行にそって発疹と痛みをおこします。最初は皮膚が赤くなりその後小さい水疱がたくさんできます。水疱が出る前からぴりぴりとした痛みを感じその部位の感覚が鈍くなる方もいれば、水疱が出てから痛みや感覚の鈍さを感じる方もいます。子供の頃の水疱瘡と違い水疱は体の片側にだけみられます。たとえば、片方の顔面から頭部、片側の胸から背中、片腕、片方の腹部あるいは、片方の足などです。帯状疱疹ウイルスは1週間程度の抗ウイルス剤の内服や点滴により退治できます。ウイルスはほとんどの場合重症化することなく退治できますが、痛みは程度や治り方が人によって大きく違い治療が難しいこともあります。抗ウイルス剤のみで痛みが軽減することもありますし、通常の痛み止め(消炎鎮痛剤)を加えることで楽になり水疱が消えるとともに痛みも消えてしまう場合もありますが、通常の鎮痛剤では我慢できないほど痛みが強い場合もありますし、水疱が消え皮膚科に治療終了といわれた頃、急に激痛となる場合もあります。痛む期間も数週間、数ヶ月、半年以上とさまざまです。帯状疱疹にかかるということは体力がおちているということですから、痛みをとり十分に休息することが大事です。通常の鎮痛剤で痛みが取れない時や鎮痛剤を必要とする期間が長引く時は神経ブロックをします。痛みだしてから数ヶ月以内は多くの場合非常によく効きます。痛みだしてから半年以上たちますと効果が悪くなってきます。薬も通常の鎮痛剤以外に抗痙攣剤、抗うつ剤などいろいろな薬を組み合わせます。帯状疱疹は後遺症である痛みの治療がむずかしい病気です。痛みが強い場合は早めにご相談ください。 後頭部、肩、腕、肩甲骨周辺の痛みやしびれ、がんこな肩こり、手が動きにくいといった症状は老化や外傷による頚椎(首の骨)や椎間板(首の骨と骨の間にあるクッションのような役目の組織)の劣化が原因となることが多いです。頚椎や椎間板の形が悪くなるとまわりの組織や近くを通る神経に炎症や神経過敏がおこり、それにより痛み、しびれ、運動障害などの症状があらわれます。これを頚椎症といいます。痛み、しびれ、運動障害の症状すべてがあることもあればひとつ、ふたつの症状のみのこともあります。そのほか耳鳴り、めまい、ふらつき、眼痛、眼精疲労、視力障害などがみられる場合もあります。治療は炎症や痛みをなるべく早く抑え日常生活に早くもどることが目的となります。薬や神経ブロックが主な方法で症状が軽快すれば治療終了となります。症状さえ軽快すれば、麻痺症状や他の症状が進行するといった場合をのぞいて一般に手術はしません。神経は繊細ですからなるべくさわらずそっとしておくのです。頚椎や椎間板の劣化は進行することはあってももとにもどることはありません。しかし形がもとにもどることはなくても症状は消失したり軽快したりします。症状が軽快したら日常生活を楽しみ同時に軽い運動をこころがけ首に負担のかかる姿勢を避ける工夫をして症状の再発予防をします。
MAP/TEL 診療時間 ニュース クリニックについて 当院へのご質問やご相談 関連ホームページ スマートフォンサイト Twitter 婦人科・産科 コラム(婦人科) 診療概要(婦人科) 強い生理痛と過多月経 妊婦検診と4D超音波撮影 胎児スクリーニングについて 不妊症、不妊治療について 月経周期の変更 避妊と中絶 各種検診について 子宮頸がんの検診と予防ワクチン メール(深見和之院長宛) 麻酔科(ペインクリニック) コラム(麻酔科) 診療概要(麻酔科) ペインクリニックとは 各種痛みの治療 神経ブロックのおはなし 男性の方の治療について 禁煙外来について 帯状疱疹後神経痛の予防注射について 帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛について 頭痛 巻き爪の治療 骨粗しょう症とは 多汗症の治療 メール(深見栄副院長宛)